体験教室参加に必要なもの

験教室参加時に準備していただくもの

 

◆動きやすい服装 (ジャージ Tシャツ等)

◆汗拭きタオル

◆水筒 (水、スポーツドリンク)

 

体験教室に参加する際に注意していただきたいこと

 

◆空手の稽古は裸足で行います。

◆メガネを使用している場合、組手は外して稽古をします。

(ほとんどの道場生はメガネなしでも稽古に支障はありませんが、個人差がありますので一度体験教室に参加し、ご自身で判断されますようお願いいたします。)

◆当道場では空手の体験は通常の稽古に一緒に入っていただきます。

参加される前に、子供さんに次の内容をお話ししておいていただけると助かります

空手教室に行って実際に空手をしてみること

 他の人は空手着を着ていて自分だけ着ていないけど気にしないこと

空手着を貸し出しておりますが、ご用意できないこともございます。

 稽古中に他の人が右手を出しているのに自分だけ左手を出してしまったり、廻る方向が反対だったりしても気にしない事

最初は皆さん同じです。同じ道を辿ってきていますので、笑ったりからかったりする事はありません。

自分に自信がある人、絶対に人に負けたくない人、人にできて自分が出来ない事を認めたくない人は、この時点で意欲を失ってしまう傾向が見られます。

 習っていない事が出来ないのは当然なので、一緒に稽古が出来れば良い位の気持ちで参加すること。

以上のような内容をお伝えしておいていただけるとスムーズに稽古に入れると思います。


 

当日の流れ

 

稽古開始時間より15分前にお越しください。

◆担当者が指導員、道場生に紹介します。

◆道場生と一緒に稽古をします。

(もし保護者の方から離れられない場合は、そのままご見学ください。)

◆道場案内をお渡ししますのでご覧ください。

 

当道場ではご本人、保護者の方が、道場の指導方針に納得され、お子さんをお任せいただける場合のみ入門していただきます。

ご安心して稽古を体験してください。

 

体験教室へのお申込みをお待ちしております。

お問合せ 

022-266-5512  

 極真会館宮城県本部

 

 

 ◆空手教室を体験いただいた方へのお願い

 

空手教室を体験して如何でしたでしょうか。

さまざまな動機でお越しいただいていると思いますが、空手教室の雰囲気、道場生の態度、スタッフの説明などから、極真会館宮城県本部のことを少しでもお解りいただければうれしく思います。

極真空手の道は決して華やかなものではありません。

武道としての厳しさも求められます。

また、当道場の指導方針が他の空手道場と異なる点も当然あります。(昇級基準等)

入門したら、長く空手を継続していっていただきたいという思いから「体験教室」を開催しております。

体験後に抱いた疑問や質問などご遠慮なく投げかけて下さい。

空手を学ぶ本人の「やりたい」という気持ちは一番大切ですが、ご家族が道場に対して不安や不満を持っていらっしゃる場合は、良い信頼関係は築けません。

入門してから壁にぶつかることもあります。

その時一番欠かせないのはご家族の協力です。

ご家族でよくご検討下さり、当道場の指導方針にご納得いただき、我が子を任せても良いと思われる方のみ、入門いただいております。

体験教室後、入門を見送るというご連絡をいただいた後は、道場から連絡を差し上げることはありません。

ご安心して空手体験教室にお越しください!

 

▲このページのトップに戻る