道場・稽古について

ここでは道場や稽古に関する質問をご紹介いたします。

 

極真空手とはどのような空手ですか?

空手の技を直接相手の体に当てる空手です。 

危険と思われる方も多いと思いますが、技を当てると共に、それを防ぐ技も習得します。直接相手と対することにより、思いやりの心や感謝の心が育ちます。 

 

各空手教室への送迎のシステムはありますか?

申し訳ございません。 

当道場は送迎のシステムはございません。  

 

 

他のスポーツによくあるように、保護者が当番制でしなければならないことはありますか?

当道場ではございません。

 

空手教室は1週間に何回稽古に通いますか?

当道場は入門して1年間は週1回の稽古をお奨めしております。 

1回の稽古を休まないで続けることが、空手を長く継続する秘訣です。

通っている教室をお休みした時は、他の教室で振替稽古をして週1回、空手の稽古を続けることをお奨めしております。

空手の基本をしっかり身に付けたら、個人個人に合った段階の稽古にレベルアップしていきます。

(年齢や技の習得状況、本人の希望、道場及び空手に対する姿勢等を考慮しながら相談の上決めていきます。) 

 

 

幼い兄弟がおりますが長時間静かに見学しているのは無理と思うのですが?

当道場は空手の稽古の見学をオープンにしておりますが、稽古時間すべてに付き添わなければいけないことはございません。

本人が納得していれば教室への送迎だけでも構いません。

空手教室の稽古を見学する際は、指導員及び道場生の稽古の妨げにならない様にお願いしております。

飽きてしまって騒いだりした場合は、退室していただく等ご協力いただいております。

 

他の子供と比べると覚えるのが遅く、稽古についていけてないように思うのですが? 

 年齢や体力など空手の技の習得には個人差があります。

他の子供と比較することはしないで、本人が以前より成長していることを見つけてあげてください。

 保護者の方も忍耐して成長を見守りましょう! 
▲このページのトップに戻る