性格について

ここでは性格等に関する質問をご紹介します。

 

引っ込み思案で人見知りなのですが稽古についていけますか?

大丈夫です。 

道場生の約半数が、引っこみ思案や人見知りな性格を克服したいという動機から空手を始めています。

先輩の道場生も最初はドキドキしながら教室を訪れました。

新しい道場生の不安な気持ちがわかりますので、何かと気を配りながら「仲間」として一緒に稽古をしていきます。

 

道場で一番最初に覚えることは次のことです。

「先生、スタッフ、先輩、仲間、保護者に会ったら相手の目を見て、大きな声で挨拶をする。」

「先生の質問には大きな声で答える。」

 

このように大きな声を出すだけでも、大分変っていきます。

 

また、「空手の稽古を続けている」ということが自信につながり、積極的な行動ができるようになっていきます。

焦らず続けていくことが重要です。

 

落着きがなくじっとしていられない、力をもてあましていて、行動や言葉が乱暴で将来が心配ですがこのような性格は直せますか?

直せます。

空手の稽古はまずは「礼儀」「作法」から入ります。

稽古を通しながら目上の人や、自分より後から入門してきた道場生に対する接し方を学んでいきます。最初は恥ずかしかったり、堅苦しく感じるかもしれませが、自然と身についていきます。

その中で人を思いやる心が育ち、礼儀正しい人間へと成長していきます。

▲このページのトップに戻る