幼年部

幼年部は5才から小学校低学年までの道場生が通う教室です。

カラテの基本を学びながら礼儀作法を身に着けていきます。

教室に入る時、稽古に入る時、稽古終了時、教室を出る時の挨拶から始まり、先生や先輩への感謝の挨拶、「道場訓」の唱和など、子供に対してもしっかりと指導していきます。

また、教室で「正座」をする場面があります。最初は猫背だったり、そわそわして落ち着かなかったりしますが、しばらくすると胸を張ったきれいな「正座」ができるようになり、先生の話が聞けるようになります。

こうして日々積み重ねられる内容は、教室にいる時だけでなく、さまざまな場面で生かされていくことと信じております。

 

☆宮城野教室(木曜日・土曜日 午後4時〜5時15分) 

  幼年部11.png  幼年部12.png  10聖着.jpg

指導に当たるのは森聖義先生。自身も幼い時から空手を学び、子供たちの良き理解者です。

たとえ小さい子供でも、「空手着を着ること・帯を結ぶこと」は自分でできるように、膝をついて見本を示す姿は、子供だけではなく保護者の意識も変えていきます。日頃から「挨拶は大きな声で元気よく」と指導していますので、この教室の道場生は本当に元気よく挨拶をします。

 

☆中野栄教室(火曜日 午後6時〜7時15分)

nakanosakae2.jpg nakanosakae1.jpg nakanosakae3.jpg

指導に当たるのは飯富先生。

子育てと仕事を両立しながら、空手の修行を積んで黒帯を取得した、前向きな明るい先生です。

焦らずに子供の成長を見守りながら、挨拶や礼儀作法については徹底的に指導します。

(中野栄コミュニティセンターで空手教室を行っております)

☆他にも新田教室、錦ケ丘教室、長町教室、北仙台教室、中田教室、吉岡教室でも習えます。

▲このページのトップに戻る